みなさまの想いを第一に負担の少ない治療でよりよい効果を

香川県仲多度郡のやまもと耳鼻咽喉科へようこそ。
当院は、耳鼻咽喉科治療のほかに、禁煙治療や睡眠時無呼吸症候群の治療など、幅広く行っております。また、近隣の小、中学校へ出張授業も行っております。患者様の想いを大切に、体にはもちろん、待ち時間や経済面でも負担の少ない治療で、よりよい効果を実感していただけるよう、日々精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします

information

2019.4.16

今日から学校検診が始まりました。1時間で200人弱を診るのはなかなかの労働です。今年は早く終わらせて、プールなどに十分間にあるようにしたいと考えて今週は週3ペースです。耳垢などあるだけで見えません。日常的な家庭での管理をお願いします。

2019.4.9

新入学や新しい学年の始まる季節です。桜も満開でよい季節です。この桜満開時期にまた、スギ花粉がフルに飛んでいるようです。もうピーク越したかと思ったのにひどくなってきたと薬を取りに沢山受診されました。これからは段々イネ科花粉症の季節に入ります。眠くならない薬でコスパのよい治療を探しましょう。

2019.3.22

今日は後期の国立大学の合格発表でした。数人の合格のお知らせ、本当に嬉しいです。また、合格した人たちも家族や友人としばしのお別れの時です。子どもを送り出す保護者の方には少し辛い時かもしれません。でも出ていけるように育てないといけないのですね。きっと。浪人が決まった人たちには今を乗り越え、少し遠い春を待つ希望がありますようにエールを送ります。

2019.2.27

今日の夕方は私用で17時半で受付終了とさせていただきます。申し訳ございません。

スギ花粉症のピークに入りました。目の周りが腫れたり、夜眠れないほどの鼻閉など、患者さんの症状が重症化しています。何よりも予防です。そして鼻に噴霧するステロイドの噴霧をお勧めします。第一選択は鼻噴霧用ステロイドです。薬局で処方箋なしで買えるものもあります。(ナザールα、エージーアレルカットEX、パブロン鼻炎アタック)それでも改善不十分な方は鼻水に対しては眠くならない抗ヒスタミン剤の内服を勧めます。市販薬ならアレグラ、クラリチンは運転に対する注意書きが添付文書にはない部類です。

市販薬で店頭にある薬の代表のクロルフェニラミンマレイン酸やケトチフェンはとても眠たくなる薬品です。ウイスキーを飲みながら生活しているレベルになりますので、お勧めではないです。

もちろん受診いただければより安全でコスパのよい治療を提供したいと考えています。法に反しない範囲での長期処方もしております。時々問い合わせで1回の注射で1か月持つ治療をしてほしいと言われますが、長時間作用型のステロイドの注射なんです。1回くらい大丈夫!と注射している病院があることは知っていますが、骨がもろくなったり、糖尿病状態になったり、血圧上昇など気づけない副作用があり得ます。標準的な治療ではありません。安全面でお勧めしないです。もっと安全な治療がありますのでご相談ください。

2019.2.23

スギ花粉症のシーズンに入りました。今日は沢山の方が投薬を希望して受診されました。鼻に噴霧するステロイド(アラミスト、ナゾネックスなど)を少し早めに使っておくだけで、ひどい症状が出るのを抑えてくれることがわかっています。まだ大丈夫と考えずに、少し症状が始まった頃が薬のスタート日です。混雑する時期ですので、待ち時間に対しては最大限の努力をしていきたいと思います。

2018.2.18

店での喫煙をめぐり、愛知県豊橋市が火を使わない「加熱式たばこ」を紙巻きたばこと同様に規制する全国初の条例案をまとめた。加熱式は健康への影響についての評価が定まっていない。国の規制は紙巻きより緩いが、豊橋市は「影響が不確かでも、望まない受動喫煙は避けるべきだ」と踏み込んだ。店からは「どう対応しようか」と戸惑いの声も上がる。(日本経済新聞)

加熱式たばこの規制がこのように進んできていることは受動喫煙を防ぐと言う点から喜ばしいことです。JTは受動喫煙の被害については明らかではないとかいい加減な非科学的な態度です。お金で雇った医師や研究者に自社に都合の良いことをしゃべらせています。喫煙所の近くを通る人は否応なくたばこの成分を吸わされています。ぎりぎりの健康状態で生きている人は沢山いるのです。望まない受動喫煙が無くなるようにしたいですね。

まんのう町のみなさん!琴平町のみなさん!近隣の町のみなさん!豊橋市のように、紙巻たばこも加熱式たばこのけむりも店内で吸わされない町にしましょう!ガンは万が一ではなく、二分の一です。

2019.2.9

例年に比べて暖かい2月ですね。スギ花粉症の方が少しずつ症状が始まったと受診されています。昨年度は3月下旬にピークの来る遅い花粉症シーズンだったのですが、今年は暖冬のせいか早めのスタートです。費用安く、安全に、手間少なく花粉症を乗り切っていただけるように考えています。処方箋なしで薬局で鼻炎の薬が購入できる時代です。薬局の薬は玉石混交です。高血圧や緑内障などの病気のある方が添付文書も読まないで、抗ヒスタミン剤やプソイドイフェドリンという血管収縮剤の入ったものを飲むのは安全面で問題です。

丸亀ハーフマラソン、今年も完走しました!タイムは内緒です。走れたことだけでも十分なんです。

2019.1.23

明日から寒波が来るとか。今日は大分多くインフルエンザの患者さんが出ています。検査がマイナスでも「インフルエンザでない証明」ではありません。基本的には何らかの感染症です。高熱など風邪症状があるならば、人に伝染する感染症である可能性が高いので、仕事、学校は休んでください。インフルエンザ以外は休めないなんていう社会はおかしいです。

2019.1.17

昨日は琴平中学校1年生、今日はまんのう町の四条小学校6年生に喫煙防止の授業に行ってきました。しっかり聞いてくれたみたいです。特に四条小学校は静かに聞けないクラスかも?!と聞いておりましたので、余計に気合い入れて教室を歩きまわりながら「なんで?」「どっちがいい?」とか顔を見ながら話してみました。いっぱいおしゃべりしながら授業に120%参加してくれました。1本も吸わない人生を送ろう!と語ってきました。元気もらいました。

2019.1.14

今日は当番医です。20人以上A型インフルエンザの方が受診されています。本格流行です。発熱がなくてもだらだらとしんどい、夜の寝汗などでもインフルエンザであった方もあり、○○だからインフルエンザではないというのは言いにくいです。扁桃炎など明らかにインフルエンザと異なる所見の方もあるので、まずのどの所見の確認をすることが大切ですね。インフルエンザ用の抗ウイルス薬を用いても2日は発熱が続き、1週間くらいはしんどい風邪症状が続くものです。あたたかくして養生してください。